オンラインカジノの公平性

 

オンラインカジノの公平性は大丈夫なの?

賭け事というのは得てして「実はズルをされているのじゃないか」「自分の知らないところで損をさせられているのではないか」と勘ぐりたくなるもの。特に負けている時はなおさらですよね。ではオンラインカジノの公平性はどのようになっているのでしょうか。
 

そもそもカジノは運営側が儲かるようにできている

はじめに知っておいて欲しいのはギャンブルの、というよりも商売の大前提です。それは必ず運営側が儲かるようにできているということ。客が10人いて10人とも得をするギャンブルはありません。運営側が得をしないシステムは存在しないと思ってください。

だからといって10人いて10人とも損をして、運営側が100%儲けるシステムは何らかの不正がある可能性が出てきます。そのようなカジノは信用を失い商売を続けることはできないでしょう。儲けたものを一定の基準で還元する公平性がカジノを運営するに当たって重要なのです。
 

ライセンスと第三者機関の存在

当サイトでご紹介しているオンラインカジノは、信頼の置ける政府のライセンス(営業許可)と厳しい基準で運営を監査・規制管理する第三者監査機関の認証を受けています。これらを取得するには経営者の経営能力や資金力、あるいはセキュリティなどあらゆる面でのチェックが必要です。またオンラインカジノの心臓部と言ってもいい、ソフトウェアについても監査が行われます。
 

優秀なカジノソフトウェアとは

オンラインカジノに使われるソフトウェアの「優秀さ」とはすなわち私たちが求める公平性です。これを保つためには高度な乱数発生プログラムが必要になります。これはプログラムの性能的な偏りで、サイコロを振ると「1」がやたらと出てしまうとか、ルーレットを回すと「黒の15」がやたらと出るといったものをなくすためのものです。完全にランダムに、統計的な偏りがないようにプログラムを組まなくてはいけないのです。

あるいはカジノソフトウェアの優秀さには「堅牢性」も求められます。いくら本当は完璧な乱数発生プログラムだとしても、誰かの都合で簡単にサイコロやカードの出目を操作できるものでは何の意味もありません。外部からの操作や設定変更が困難なシステム上の堅牢性が必要なのです。

ライセンスや第三者監査機関の認証を受けているところは、こういった優秀なソフトウェアを採用しているところがほとんどなので、公平性に関しては安心するに足ると言えるでしょう。
 

まとめ

■ オンラインカジノにおける不公平性とはシステム的に客側が得をできない状況にあることを言う。
■ 当サイトでご紹介するオンラインカジノは各国政府公認のライセンスと第三者監査機関の認証を得て、公平性に関してクリアし健全な運営をしている。
■ 水準をクリアするカジノソフトウェアには、高品質の乱数発生プログラムによる公平性と高水準のシステム堅牢性が求められる。

 

関連記事

おすすめカジノ

  1. ワイルドジャングルカジノは2007年11月に運営を開始したオンラインカジノの中では比…
  2. ベラジョンカジノは2011年2月に運営を開始した新興のオンラインカジノです。最大の特徴は、PC、スマ…
  3. オンラインカジノにおいて完全日本語対応のパイオニアであり、日本人ユーザーから絶対的な信頼と実績を誇る…
  4. エンパイアカジノは2015年2月に運営を開始した出来立てホヤホヤのオンラインカジノで…
  5. ウィリアムヒルカジノは世界三大ブックメーカーのひとつである、ウィリアムヒルが運営する…
ページ上部へ戻る