オンラインカジノとは

 

オンラインカジノとは

インターネットや雑誌などでよく見かけるようになった「オンラインカジノ」。ネットが繋がる環境であれば、365日24時間、自宅でも外出先でも、気が向いたお好きな時にカジノを楽しめるのがオンラインカジノです。でもその実態を知っている人は実のところ少ないと思います。ここではオンラインカジノとは何なのかというところからオンラインカジノの普及率についても解説しています。
 

オンラインカジノって何?

オンラインカジノを端的に言うと、そのままオンラインで遊べるカジノです。合法的なカジノは現在の日本にはありません。これは法律が許可していないからですが、オンラインカジノなら日本でもカジノを楽しむことができます。

もちろん賭け事であって単なるゲームではないので、儲けることもあれば実際に損をすることもあります。オンラインカジノは間違いなくギャンブルなんです。インターネットで手軽にできるギャンブル。ギャンブル好きやちょっとカジノで遊んでみたい人にはぴったりの遊びなんです。
 

カジノって何?

201506140509まずはギャンブル初心者のために「カジノ」というビジネスの概要について触れておきましょう。

映画などで見たことがある人も多いと思いますが、カジノではトランプを使った「バカラ」や「ポーカー」、「ブラックジャック」などのオーソドックスなカードゲームや、0から36の37個マス目のうちそこにボールが入るかを予測する「ルーレット」、そして近年パチンコ店などでも流行している「スロット」などのゲームを通じてお金を賭けることができます。

またカジノは基本的に合法で24時間いつでも営業していて、入場料なども必要ないというのが一般的です。しかしやはり海外にしかないので、日本人がカジノを楽しめるのはせいぜい海外旅行の時くらいです。だからこそのオンラインカジノなのです。
 

オンラインカジノは儲かるの?

201506140517ギャンブルをする時に最も気になるのは、やっぱり「儲かるのか」「損しやすいのか」という点でしょう。

包み隠さず書くとすれば「ギャンブルは全て胴元(運営)が儲けるようにできている」と言うほかありません。このことについて別のページで詳しく解説しますが、オンラインカジノもビジネスです。ビジネスで消費者ばかりが得をして、企業側が損失を受けるという状況は考えにくいですよね。なので絶対に「儲かる」とは言えません。

しかし同時に「儲からない」とも言えません。普通のビジネスでも消費者と企業がWINWINの関係になる例はいくらでもあるからです。したがって「オンラインカジノは儲かるの?」という質問への答えは「あなた次第です」。
 

オンラインカジノの普及率

日本ではまだ一般化されていないオンラインカジノですが、実は世界ではかなりメジャーなギャンブルになっています。そのため運営会社の規模も大きいところが多く、2012年から2015年の3年間、サッカーチーム「マンチェスターユネイテッド」のスポンサーのリストには欧州オンラインカジノ大手のビーウィンという会社が名を連ねていました。また、TVのCMなどでオンラインカジノが放送されているほどメジャーなんです。日本で例えるなら、JRA(競馬)や競輪、競艇、パチンコのコマーシャルのようなものだと思っていただくと分かりやすいのではないでしょうか。

現在、日本でもオンラインカジノ人口が急上昇しているほど人気が高まっています。みなさんもぜひ、オンラインカジノの魅力を味わってみてはいかがでしょう。
 

まとめ

  • オンラインカジノはインターネット上で遊べるカジノ。
  • 365日24時間、いつでもお好きな時に楽しむことができる。
  • 日本ではまだまだマイナーだが、世界ではかなりメジャー。
  • 日本でも年々人気が高まり、オンラインカジノユーザーが急増中。
  • うまく使えば儲けることだってもちろんできる。

 

関連記事

おすすめカジノ

  1. ワイルドジャングルカジノは2007年11月に運営を開始したオンラインカジノの中では比…
  2. ベラジョンカジノは2011年2月に運営を開始した新興のオンラインカジノです。最大の特徴は、PC、スマ…
  3. オンラインカジノにおいて完全日本語対応のパイオニアであり、日本人ユーザーから絶対的な信頼と実績を誇る…
  4. エンパイアカジノは2015年2月に運営を開始した出来立てホヤホヤのオンラインカジノで…
  5. ウィリアムヒルカジノは世界三大ブックメーカーのひとつである、ウィリアムヒルが運営する…
ページ上部へ戻る